英語の教材で勉強しよう!!|ドメイン

 私が英会話の教材を比較していて、最後まで候補に残っていたのが、こちらの「エスプリラインbyスピードラーニング」です。詳しく言わなくてもご存知の方が多いでしょう。もうひとつが実際に購入に至った「家出のドリッピー」と言う教材で聞いていて大変勉強になるな、と個人的に感じています。

 英語とかいて思い出す資格が「英語検定」と言うやつと「トーイック」と言う資格でしょう。私も若ければTOEICにチャレンジしても良いのですが本音を言えばそこまでの気力はありません。ですが二人の子供たちや家内は凄くやる気でして、特に妻は今年中には一度トライをしてみたいと申しております。

教材の種類はどのぐらい有るのか?

 実際に英語の教材って何種類位あるのか、数えた事はさすがにありません。ですが私が英語を勉強しようと考えてから見かけた教材は少なくとも30種類程度はあり、実際にはその10倍以上はあるのではないでしょうか?

 ではそれらが全て役立つのか? と言う問題に発展しますが、実際に英語力がつくのはそれほど多くは無く、やはり有名な教材を選んで置けば無難な様子です。そういった意味で言えば家出のドリッピーやエスプリラインbyスピードラーニングなどは間違いなく実力がつくと考えています。

お勧めの英語教材です

 さて、私立学校(4年制大学)を狙う場合には英語の力はどのぐらい必要なのか? もちろん狙っている私立学校のレベルによっても違いますが、日本でも特に有名高校を狙う場合には、その学校独自の出題がありますので、地域に根ざした英語の学習塾を選択するのではなく、全国的に有名な英語学校に通うのがベターだと思います。

 もちろんそれだけが全てではありませんが、若いうちに英語力を身につけていれば私のように中年に成ってから英語、英語と騒ぐ必要も無い訳で、意味は違いますがここで私が英語をどのように勉強しているのか紹介いたしましょう。基本的に私の場合、サイトを運営しています。その関係でスパムメールがたくさん届きます。

―――― END of This page.And Copyright-SuemoriTakumu-All Rights Reserved――――

ネット上の記録|拓夢書房のロゴマーク